QOMスポーツクラスではこんなことをしています

QOMスポーツクラスは、十坪ジムの中でも特にQOM(動作の質)を高めるスポーツ分野に力を入れています。
吉澤純平 怪我 認知動作型トレーニング
どんなことをしているか気になっている方へ少し紹介します!

例えば、『車軸移動式パワーバイク(軸づくりのマシン)』
この写真を見てください。
車軸移動式パワーバイク マリノ 十坪ジム 個別指導
(写真左)は全体的に体が前傾しています。
この場合は大腿部の力に頼ることになってしまいます。
1回きりの力の発揮ならばこれでもいいかもしれないけれど、連続した動きや軸から軸への乗せ替えの時はこれだとロスがあります。
そのため(写真右)のように、足首・膝・腰・脇の下を一直線にしよう(軸をとろうね)と私たちは指導します。
でも…頭の中ではわかっていて、自分の中のイメージではそうしているのです。
なので、会員さんにわかりやすいように「今どうなっているか」や「こうなるとどこが使えるようになるか」をできるだけ自分で見てわかるように指導を心がけています。
そうして、前傾した時と軸が取れている時の力の伝わり方の違いを実感してもらいます。
それがわかると、「あ、こっちの方が楽に重心移動できる」となり、軸がしっかりできている分パワーをだせたり、移動の際に無駄な動きがなくなるので持久力につながったりします。

 

次は『スプリントトレーニングマシン(動きの中でも軸を保つ)』
よく体幹トレーニングで身体を固定して行うものがあります。イメージで言うとそれで筋肉をつけて、今度はその筋肉を「どう使うか」が重要でスポーツの場面では動きが絡んできます。
(写真左)の人も静止した状態での軸取りは上手です。でもそれを動きの中で…となると背骨が上手に使う事ができません。
認知動作型トレーニング スプリントトレーニングマシン 小林寛道 パーソナルトレーニング 個別指導
(写真右)の人のように右軸をとると、背骨のひねりを使う事ができます。
ひねりを使う事で平面ではなく立体的な動きになるのです。
(もっと詳しく説明がありますが今回は省略します)

そして次回
カンド君 認知動作型トレーニング 体幹トレーニング 足の速くなるマシン
修正できました、とこんな感じです。
自分の動きを客観的に見られるということも、スポーツにとっては大事な要素です。
なので、そのちょっとしたお手伝いを私たちはしています。

このマシンは動かすことができれば体幹は使われています。
健康維持や増進が目的ではそれで良いです。
しかし、スポーツの場面で言うとほんの数センチ、数ミリの単位で左右バランスや力のかかり具合が変わってきたりします。
それぞれ改善したら良い部分は違いますのでその人に合った指導を行い、質の良い動きを目指してパフォーマンスの向上につなげています。

 

体験やお問い合わせは→こちら

また、今まで認知動作型トレーニングをやったことがある方(他のジムでもOK)は入会金は頂かず、トレーニング代金のみで承りますのでレベルアップしたい方はお気軽にどうぞ。

 

QOM(動きの質)をよくしよう!
スタッフとまと

 

十坪ジムバリエ柏の葉
http://totsubo-variee.jp/
TEL 04-7170-2221
柏の葉キャンパス駅からのアクセス