「十坪ジム バリエ」とは

guide1

十坪ジムの特徴

十坪ジムのトレーニングは、小林寬道東京大学名誉教授が考案した「認知動作型トレーニング」とよばれ、従来型の有酸素運動や筋トレ効果をめざすものではなく、動作の質を改善し体幹深部筋(ボディ・インナーマッスル)を鍛え、脳の活性化を図ります。重要なのは、良い姿勢を保ち、美しく歩く、走ること。
重いものを持ち上げるいわゆる【筋トレ】は一切ないため、筋肉痛がおきにくい、楽しく運動ができ、低体力者でも、子どもでも、オリンピック選手でも同じマシンでトレーニングが可能という特徴を持っています。

guide2

こんな方に最適です

小学校5年生から高齢者まで、医師に運動を禁止されていない方であればどなたでも。
体力を高めたい方はもちろん、普通のフィットネスクラブでは、受け入れてもらえないような低体力状態にある高齢者や、体力に自信の無い方、健康を増進させたい方もお気軽にご利用ください。
週1回1時間のトレーニングを続けることで、さまざまな効果が期待できます。
p1
寝たきりにならないために

いつまでも健康でいられる身体づくりをしましょう。
普段眠っている筋肉を動かすことによって、日常生活動作が楽になります。
インナーマッスルを動かすことによって、太ももをしっかりと引き上げることができ、歩行能力がアップします。
おもりを負荷に用いないトレーニングマシンなので、エキセントリックな筋力発揮要素が少なく筋肉痛が起きにくいので、低体力者でも無理なくトレーニングを続けることができます。
また、認知動作型トレーニングをすることで、脳にもよいトレーニングになります。

p2
美しい姿勢を保つ

自分の筋肉で姿勢を保ちましょう。
背骨のS字を自然に支えて、お尻の筋肉を引き上げます。
インナーマッスル(大腰筋)がしっかりとしていると、内臓の位置も正しい位置に保たれるため腰まわりが引き締まります。更年期からの身体づくりにも適しています。
骨盤や体幹深部筋を上手に使って歩くことにより歩幅が大きくなり、効率的で美しい歩き方をすることができます。

p3
生活習慣病の予防・改善

普段から元気に体を動かすことで薬に頼らない身体づくりをしていきましょう。
生活習慣病の予防には、まずは「食事」と「運動」の二本柱が大切です。
インナーマッスルを動かすことにより、内臓脂肪を減らして腹囲や体重の減少につなげましょう。
週に2回、30分~1時間の運動を続けることにより、高血圧や脂質異常、高血糖も改善します。上手にコントロールしていきましょう。
認知動作型トレーニングは無理なく楽しく運動を続けることができます。

p4
アスリート

「質の高い動き」を求めましょう。
スポーツ場面と同じような動きの中でインナーマッスルを鍛えることにより、より実践に即したパフォーマンスの向上につながります。
バランスの良い動作が身につくので、ケガもしにくい体の使い方ができます。
膝腰同側動作や上半身(肩甲骨)と下半身の連携ができることにより、パワー発揮を高めることができます。
力を抜いて動作することの重要性がわかります。本当の力を発揮する時は力んではだめなのです。

p5
10代の基礎体力づくり

小・中学生や高校生のケガをしにくい体づくりをしましょう。
陸上の短距離、長距離だけでなく、球技系種目や「体軸」を重要とするスポーツ種目においての基本動作を学びます。
また、足の速くなるマシン「スプリントトレーニングマシン(カンド君)」でのトレーニングで、体の上手な使い方や骨盤の使い方を学ぶことができます。
これから長くスポーツを続け、スポーツを楽しむためにも基礎体力は重要です。