前に進むには「アニマルウォークマシン」

QOMスポーツクラスは、十坪ジムの中でも特にQOM(動作の質)を高めるスポーツ分野に力を入れています。
健身塾 認知動作型トレーニング 小林寛道
QOMスポーツ会員のKさん、「アニマルウォークマシン」をやっています。
このマシンは上半身と下半身の連動ができていないと動きません。
また、動きの中で体幹を鍛えられるという優れものです!
やっていること自体は最初は大きく&ゆっくりの動きで地味で映えはしない(マシンの負荷を重くして筋肉ムキムキ、スピードあげてガンガンやってわーすごいって訳でもない)のですが、なんていったら良いか…動きの基本ができていないとできないマシンです。

なぜKさんがこのマシンをやっているかというと・・・
コーチに「スタートしてすぐにカラダが浮き上がってきてしまう」と言われたそう。
どんな風にしているの?と動画を見せてもらったら、セットの時点で手に力が入っていてうまく飛び出せない模様。そして一歩、二歩と脚の力を使ってしまっているのですぐに起き上がってしまうことがわかりました。
まずは現状の頭の位置や向きを確認します。(この場合は骨盤の向きもでした)
「あー、だからすぐに起き上がってしまうんだ」ということがわかりました。
いつでも飛び出せるようにカラダごと移動できるような姿勢の保持ができるようにマシンで覚えていきます。脚で走るはずなのに脚をあんまり使っていない雰囲気だよね、そのほうが上体が起きてこないよねって体幹を使えることの良さもわかりました。
走るのが速い人は自然とこの動きが身についているって事ですね。

そんなこんなで、興味をもってくださった方はぜひ体験なさって下さい!どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

速く走るために必要な動作を習得するアニマルウォークマシンと同じくらい人気の「カンド君」こと「スプリントトレーニングマシン」についての記事もぜひお読みください。

認知動作型トレーニングをやってみよう!
スタッフとまと

十坪ジムバリエ柏の葉
http://totsubo-variee.jp/
TEL 04-7170-2221
柏の葉キャンパス駅からのアクセス